ホーム > 教育プログラム

教育プログラム

「がんの個別化医療の実用化に向けた解析・診断システムの構築研究」(案)

教育目標

核酸(DNA/RNA)を用いて治療に有益な情報を得るためのアプローチであるクリニカルシーケンシングの実施に際して、細胞生物学、遺伝学との統合的な理解により生命現象の基礎的理解を深め、諸疾患の病因等医学的事象の分子生物学的見識を深め、臨床へ向けての礎とすることを目標とする。

一般目標

  • ・測定前のサンプルの品質管理等を理解する。
  • ・ライブラリー調整等の検体調整手順を理解する。
  • ・測定法を理解する。
  • ・解析結果を解釈する。
  • ・レポートを作成する。
  • ・遺伝学的基礎知識を習得する。

行動目標

  • ・個人情報保護法、個人情報の取り扱いについて理解する。
  • ・サンプルの採取方法、保管、移送方法について理解する。
  • ・適切なサンプル数を理解する。
  • ・適切なサンプルの品質を理解する。
  • ・適切なサンプル種類を理解する。
  • ・検査の事前説明ができる。
  • ・適切なサンプル量を理解する。
  • ・核酸抽出法を理解する。
  • ・DNA/RNAの品質の検査法とその評価法を理解する。
  • ・体外診断薬 コンパニオン診断薬について理解する。
  • ・精度管理に関する基本的考え方について理解する。
  • ・遺伝子関連検査の質保証体制について理解する。
  • ・分析法バリデーションについて理解する。
  • ・測定原理を理解する。
  • ・適切なアッセイ法を選ぶことができる。
  • ・データを理解する。
  • ・各アッセイ法の特徴を理解する。
  • ・カットオフ値の設定について理解する。
  • ・各アッセイ法の感度、特異度等を理解する。
  • ・ランレポートからシーケンスデータの品質を読み取れる。
  • ・シーケンスデータからread深度、変異アレル頻度等の結果を正しく解釈できる。
  • ・SNPを除くことができる。
  • ・Annotationされたデータを正しく解釈できる
  • ・Germline or somaticを推察することができる。
  • ・Assay Summary を記載することができる。
  • ・遺伝子異常の検出、CNA等をレポートすることができる。
  • ・生物学的意義付けを加えることができる。
  • ・分子標的薬等の治療法の可能性の提示できる。
  • ・薬剤の承認・適応状況を記載することができる。
  • ・進行中の臨床試験情報(治験、先進医療、拡大治験等)を記載することができる。
  • ・variant of uncertain significance (VUS) に対する対応ができる。
  • ・適応外使用の方法論の提示等方法論の提示ができる。
  • ・レポートを用いて説明ができる。
  • ・遺伝学の基礎を理解する。
  • ・がんの遺伝子異常を理解する。
  • ・遺伝性腫瘍を理解する。
  • ・偶発的所見への対応ができる。
  • ・遺伝カウンセリングの実際を理解する。
  • ・遺伝カウンセリングについて説明、助言ができる。